株式会社宝情報

メディア MEDIA

'21/10 最多検出マルウェア – 「Trickbot」が1位を継続、Check Point 社 が 今年も Magic Quadrant リーダー部門に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Check Point社が2021年10月のマルウェアランキングを発表しました。

10月 マルウェアトップ10 

順位 前月比 マルウェア名 解説
1 Trickbot バンキング型トロイの木馬。多目的トロイの木馬の一種で、多様な攻撃を可能とする。
2 XMRig クリプトマイナー。オープンソースのソフトウェアで、CPUを利用してマイニングを行う。
3 Remcos 遠隔操作マルウェア。メールに添付されたWord形式のファイルを通して拡散する。
4 Glupteba
トロイの木馬。情報窃取の他、感染マシンで仮想通貨のマイニングを行う。
5 Tofsee トロイの木馬。DDoS攻撃の実行、スパムメールの送信、暗号通貨のマイニングなどを行うことができる多目的ツールとして機能する。
6 Ramnit
トロイの木馬。銀行口座の認証情報やFTPパスワードなどの情報を窃取する。
7 Agent Tesla
遠隔操作マルウェア。モニターを遠隔で監視し、パスワードなどを窃取する。
8 Ursnif
トロイの木馬。銀行口座の認証情報やメールのアカウント情報を窃取する。
9 Formbook 情報窃取マルウェア。ウェブブラウザなどから情報を窃取する。
10 Nanocore トロイの木馬。画面キャプチャ、暗号通貨マイニング、デスクトップのリモートコントロール、Webカメラセッションなどを窃取する。

 

「Trickbot」が1位を継続

先月に引き続き Trickbot が1位にランクインしています。
2021年2月の Emotet 活動停止後、カスタマイズ性に優れあらゆる用途で利用可能な Trickbot が攻撃者の間で人気を占めています。Trickbot が 1位にランクインしたのは、今年で5回目となります。
2021年10月は、世界規模で約4%の企業が Trickbot の攻撃の影響を受けました。Trickbot は、認証情報や個人情報の窃取に留まらず、ネットワーク内で拡散しランサムウェアの二次ダウンロードも行う非常に厄介なマルウェアのため、引き続き警戒が必要です。

Check Point 社 が Magic Quadrant でリーダー部門に認定

一方で、Check Point社が 今年も 「Magic Quadrant for Network Firewalls」において、リーダー部門に位置付けられました。

Magic Quadrant とは、米国に本社を置く業界最大規模のIT調査企業 Gartner社が発表する、ITの各分野の市場に対してリサーチした企業の勢力を比較する表です。
各市場において競合する企業が「リーダー」「チャレンジャー」「ビジョナリー」「ニッチ」の4つに分類され、市場のどのポジションに位置しているかを相対的に把握することができます。


リーダー
市場全体への影響力が高く、将来性も非常に高い。

チャレンジャー
ビジョンは市場に浸透していないが、業績は高い。

ビジョナリー
業績はまだ伴っていないが、完成度の高いビジョンを持っている。

ニッチ
市場のニッチなセグメントで成功しているが、まだ広い分野でのリーダーたりえない。

Check Point 社は、設立されてから30年近く、業界最高のセキュリティを提供してきました。Check Point 社がセキュリティのエキスパートとして長年に渡り業界をリードし続け、ファイアウォール部門でリーダーに位置づけられたのは今回で22回目となります。

Check Point社のセキュリティ製品の取扱い・導入を検討される際は、宝情報までお気軽にご相談ください。

Check Point SMB 向けアプライアンス

簡単な初期設定や管理の容易さが好評なUTMです。
マルウェア・不正侵入・危険なウェブサイトのブロックなど、求められる情報セキュリティ対策を一台で幅広くカバーします。
製品に関する詳細はこちらから

チェックポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ について
チェックポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ社は、世界中で高い評価を得ているセキュリティ技術のリーディングカンパニーです。
宝情報 について
宝情報はチェックポイント中小企業様向けUTM製品の国内販売台数 No.1 ディストリビューターです。チェックポイント社との強い協業体制を構築し、販売店様を強力にバックアップする体制を整えています。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加