株式会社宝情報
 

Check Point
CloudGuard Dome9


パブリッククラウドのためのコンプライアンス
およびセキュリティ管理ソリューション





普及の進むクラウド利用。一方で、主要なパブリッククラウドサービスでは、ユーザーは自身の管理領域にセキュリティ責任を負わなければなりません。もしも管理画面で設定ミスを起こすと、重大なセキュリティインシデントに繋がってしまいます。

Check Point CloudGurad Dome9 は、パブリッククラウドのセキュリティとコンプライアンスのための包括的なソフトウェアプラットフォームです。セキュリティ設定の可視化、構成ミス自動修正、アカウントや情報漏洩からの保護を実現し、クラウド管理を容易にします。

パブリッククラウドにおけるセキュリティ責任共有モデル


〇〇の様子

エンティティごとの設定画面で全体像の把握が困難


〇〇の様子

ARC プラットフォーム

Check Point CloudGurad Dome9 のARC プラットフォームは、Assess(評価)、Remidiate(修正)、Control(管理)の
3つの管理サイクルにより、パブリッククラウドの脅威検知性能を高めます。


サンプル

Dome9の機能

顧客 VPC 環境の可視化

サンプル

ユーザ環境の設定情報から全体図を自動生成

構成が正しいかどうかを見やすい画面で確認

アクセス許可設定の修正も可能

コンプライアンスチェック・自動修正

サンプル

CIS やPCIDSS など、標準提供のテンプレートに
基づいてユーザー環境のセキュリティ設定を評価

IAM、サーバーレス、コンテナ等
クラウドネイティブなエンティティの検査も可能

不合格設定を個別に表示、自動修正

〇〇の様子
〇〇の様子
 

IAM アカウントハッキングからの保護

サンプル

IAM ユーザへの詳細なロール・アクセス制限

オンデマンド・タイムベース認証によるアカウント侵害リスクの軽減

スマートフォンからの安全な権限昇格依頼により、なりすましを防止

セキュリティ・インテリジェンス

サンプル

VPC Flow Log, CloudTrail イベントを可視化

不正IP からのアクセスなどの検索条件による絞込み

特定条件やAI による脅威発生の定期的な検出、アラート

お問い合わせ

お問い合わせ

製品・サービスについてのお問い合わせはメールフォームからお寄せください。

メールフォームへ