株式会社宝情報
 

CheckPoint 対策一覧
テレワーク

Check Point UTM でできる !
テレワークのセキュリティ対策

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、テレワークの導入が急加速しています。 しかしながら、突然の事態に戸惑っている中小企業の経営者様は多いのではないでしょうか。UTMを活用した中小企業様に最適なソリューションをご紹介します。

テレワークの導入における様々な課題

テレワークは日常業務における利便性の向上のみならず、今回のような緊急事態において業務を継続するための有効な手立てとなります。 しかしその反面、セキュリティや運用の手間 、 コスト といった課題も存在します。

セキュリティ面の課題

社外ネットワークの脅威にさらされる

社外ネットワークの脅威にさらされる

社外で業務を行うことで、社内環境のように管理者による一元的なセキュリティ管理を行うことができなくなります。そのため、社外ネットワークに潜む様々な脅威と直接触れる危険性があります。

公衆Wi-Fiの危険性

公衆Wi-Fiの危険性

公衆Wi-Fi は不特定多数が利用するため、同じWi-Fi に接続している悪意あるユーザーによって通信を傍受される危険があります。

社内に脅威を拡散

社内に脅威を拡散

テレワークでマルウェアに感染した端末が社内LANに接続すると、同じLAN内へ脅威を拡散させるリスクもあります。

運用面の課題

リモートVPNの利用には、アカウントの作成、変更、削除など日々の運用は欠かせません。 専任の担当者が不在の中小企業においては、これらの運用の手間は導入において大きな障害となります。 こういった課題の考慮なしに導入した場合、運用が行き届かなくなってしまうケースも多く、不要なアカウントの削除などの管理ができないことで新たなセキュリティリスクに繋がる場合もあります。

コスト面の課題

リモートVPNの利用のためには専用のアプライアンスやサービスの新規導入や既存機器に対する追加ライセンスの購入などのコストが必要となる場合があります。多くの中小企業では予算はある程度限られているため、選択の幅は狭められてしまう結果、安易に機器やサービスを選定してしまう場合もあります。

Check Point UTM にはリモートアクセスVPN が標準搭載!

社外から安全な接続を確立します。

中小企業に対して最適解となるテレワーク環境を提供

解決!セキュリティ面の課題

Check Point UTM は、インターネットVPN 接続も可能なセキュリティ対策製品です。
Check Point UTM に標準搭載されている「リモートアクセスVPN」機能を利用すれば、社内環境と同様に通信がチェックできるため、接続端末をインターネット上の脅威から保護します。

UTMとは?

UTMとは、Unified Threat Managementの略で日本語にすると「統合脅威管理」。 様々な脆弱性を突いてくる脅威に対抗するためには、 複数のセキュリティ機能 が必要となります。 今まで主流だったファイアウォールは通信のアドレスと種類だけで防御していましたが、通信の内部にマルウェアが仕込まれているかどうかまでチェックすることはできません。 UTMは 通信の内容までチェック するため、 ファイアウォールを通過してしまう攻撃もブロック することができます。

解決!セキュリティ面の課題(イメージ図)

解決!セキュリティ面の課題

Check Point UTM は、ほとんどの設定を Web GUI から行うことが可能です。 シンプルで操作性のよい Web GUI により、専任の担当者のいない中小企業様にも運用が可能です。

解決!セキュリティ面の課題
解決!セキュリティ面の課題

解決!コスト面の課題

解決!コスト面の課題

Check Point UTM では十分な同時接続数のリモートVPNライセンスが標準で提供されています。 UTM である同モデルであれば、「リモートアクセスVPN」
機能以外にも各種のセキュリティ対策に対応します。 リモートVPNの課題だけでなく、オフィスのゲートウェイセキュリティを1台の UTM に集約することで、高いコストパフォーマンスのもとセキュアな環境をオフィスと社外で実現することが可能です。

お問い合わせ

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから。

総合お問い合わせ