リモートアクセスソリューション

SonicWall SMA 100シリーズ

モビリティやテレワークの課題を解決する
統合セキュアアクセスゲートウェイ

SonicWall SMA 100 シリーズは、時間や場所、デバイスを問わずに企業リソースへのアクセスを可能にする、統合セキュアアクセスゲートウェイです。細かなアクセス制御、アプリケーションレベルVPN で、企業のモビリティニーズに応えます。

多様なデバイスに対応

Windows、macOS は勿論、iOS、Android、Kindle Fire にも対応します。

ノートパソコン、タブレット、スマートフォンのイラスト

二要素認証に標準対応

二要素認証に標準対応し、サードパーティー製の認証アプリ等と柔軟に連携します。

二要素認証のイメージ画像

スパイクライセンス

一時的に同時接続ユーザ数を増やすことができるライセンスです。想定外の利用者急増に対しユーザー数の追加に対応します。

スパイクライセンスのイメージ図

多種多様なデバイスの接続

Mobile Connect アプリケーションの概要図

Mobile Connect アプリケーションは、Apple iOS、macOS、Google Android、Kindle Fire、および Windows デバイスのリモートユーザにレイヤー 3トンネル接続を提供します。App Store、Google Play、Windows Store を通じてアプリケーションのインストールやアップデートが行われるため、管理者の負担を軽減することができます。

豊富な二要素認証

豊富な二要素認証の例(authenticator、デジタル証明書、ワンタイムパスワードのイラスト)

SMA シリーズは標準機能として、ワンタイムパスワード認証機能を有しています。メールサーバと連携することで、リモートユーザにワンタイムパスワード送信することができます。 ご利用中のActiveDirectory、PKI プラットフォーム、RADIUS 等の認証プラットフォームと柔軟に連携します。認証を多重化することでキーロガー、総当たり攻撃等に対する防御を可能にします。

End Point Control(EPC)

End Point Control の概要図

SMA に接続した際に、OS バージョン、デバイス固有の ID, アンチウイルスソフトの稼働状況、クライアント証明書の有無等のクライアント端末の情報に応じて接続の許可 / 拒否またはアクセス先のコントロールを行うことが可能になります。脆弱な端末の排除を実現し、BYOD 端末やスマートデバイスのリモートアクセス導入に最適な機能です。

Capture ATP との統合

Capture ATPの概要図

セキュアリモートアクセスは Capture Advanced ThreatPrevention と連携し、VPN を通過するトラフィックをクラウド上のサンドボックスで脅威の解析・検知が可能です。 一般的に SSLVPN装置とサンドボックス製品を利用する場合、別アプライアンスとして配備しますが、SonicWall ではセキュアリモートアクセスデバイス1 台でセキュアなネットワーク環境を提供します。

スパイクライセンス

スパイクライセンスのイメージ図

SMA は登録ユーザ数ではなく、同時接続ユーザ数に合わせてユーザライセンスや保守契約を購入します。 自然災害、パンデミックなど外的な要因で一時的にリモートワーカーを増やす場合、スパイクライセンスを活用すると既存の保守契約やユーザライセンスには影響を与えず、一定期間同時接続ユーザ数を拡張することができます。

仕様

▼ 横にスクロールしてご覧いただけます
SMA 210 SMA 410 SMA 500v
仮想アプライアンス
想定用途 従業員50名までの中小企業 従業員250名までの中規模企業 従業員250名までの中小企業
同時接続ユーザ数 本体に5ユーザ込。5または10ユーザ単位で追加可能。最大50ユーザ。 本体に25ユーザ込。10、25または100ユーザ単位で追加可能。最大250ユーザ。 本体に5ユーザ込。5、10または25ユーザ単位で追加可能。最大250ユーザ。
付属機能 アプリケーションオフロード、 ブックマーク アプリケーションオフロード、 ブックマーク、高可用性 アプリケーションオフロード、 ブックマーク、 容易な展開
付加サービス(有償)
リモートサポート、
Webアプリケーションファイアウォール等
  • Secure Virtual Access – リモートPCの制御と管理を可能とするツール
  • Webアプリケーションファイアウォール – Webベースの脅威を検知しWebアプリケーションを守る機能。PCI (PCI DSS 1.2のセクション6.6)への準拠をサポート。
  • ダイナミックサポート – 8×5または24×7、1年、2年、3年といったサポートオプション

製品の取り扱い・導入についてはお気軽にお問い合わせください

TOP