Check Point

Check Point Quantum Maestro

ゲートウェイを接続
一つの統合セキュリティシステムとして調和

Check Point Quantum MAESTRO (クオンタムマエストロ) は、 Check Pointのアプライアンスを接続し、一つの統合セキュリティ・システムとして調和する、ハイパースケール・ネットワーク・セキュリティ・ソリューションです。これにより、アプライアンスの拡張がかつてないほど簡単になります。

圧倒的な拡張性

あらゆるサイズのゲートウェイをオンデマンドで拡張可能

卓越した運用効率

セキュリティ環境の設計と管理を効率化する新たな手段を提供

クラウドレベルの耐障害性

キャリア・グレードの技術で最高レベルの耐障害性を実現

ハイパースケール・セキュリティ・システム Quantum Maestro では、3.4 Gbps の構成からスタート(6800 シリーズは8.9 Gbps)し、ネットワークの拡大に合わせて既存のゲートウェイや新しいゲートウェイを簡単に最大52 台まで追加できます。例えば、8.9 Gbps からスタートした場合は、最高で450 Gbps にまで拡張できます。Check Point Quantum Maestro では、このように大幅な拡張がシンプルに実現できます。
数分でセットアップ可能 システムにゲートウェイを追加すると、そのゲートウェイのすべての設定、ポリシー、ソフトウェア・バージョンが、既存のゲートウェイに合わせて自動的に更新されます。このため、わずか6分ほどで運用の準備が整います。
トラフィックの分数 HyperSync は、アクティブ、スタンバイ、バックアップというグループ・メンバーの状態を追跡して、実際に接続を処理しているアクティブおよびスタンバイのメンバとのみトラフィックを同期します。このようにパケットをユニキャストすることで、Maestro セキュリティ・アーキテクチャ全体の同期トラフィックの負荷を軽減しています。
Hyperscale Orchestrator への接続 セキュリティ・グループを作成すると、SMO 管理インタフェースからSecurity Management サーバに接続するためのIP アドレスが生成されます。IP アドレスの作成と、内部/外部ネットワーク・インタフェースへの割り当ては容易に行えます。これらのアップリンクは、Maestro セキュリティ・アーキテクチャを構成するコンポーネントとして識別できます。
コスト効率に優れた N+1 クラスタリング Maestro Security Orchestrator では、1 つの統合されたシステムにおいて、N+1 の効率的なクラスタリングが実現します。このため、どのような規模の組織でも、キャリア・グレードの技術を活用してクラウド・レベルの耐障害性を実現できます。

Quantum MAESTRO 構成イメージ

Quantum MAESTRO インターフェース

TOP