株式会社宝情報
 

FFRI yarai

未知のマルウェアに特化した純国産のセキュリティ対策
ソフトウェア

サンプル



FFRI yaraiは、従来のようなウイルス定義ファイルを利用せず、プログラムファイルの振る舞いからウイルス検知をする標的型攻撃に特化したウイルス対策ソフトです。
「ゼロデイ攻撃」や「亜種による攻撃」といった定義ファイル型のソフトでは検知できない攻撃に対しても、5つの振る舞い防御エンジンでクライアントPCを多層防御します。

従来のセキュリティは「後追い技術」

シグネチャやパターンマッチングベースの従来のセキュリティは、いわば「指名手配写真」による後追いの検知です。常に新しい種類のマルウェアや脆弱性攻撃が使われる中では、後追い技術だけでは未知の脅威を捕捉しきれません。

サンプル

「先読み技術」で未知の脅威に対抗

FFRI yaraiはシグネチャを持ちません。「先読み技術」である振る舞い防御エンジンによって攻撃者の「悪意」を捕捉することで、未知のマルウェアによる攻撃を検知・防御します。

特徴

〇〇の様子

未知のマルウェアを検知

シグネチャに依存することなく未知のマルウェアによる攻撃を検知・防御。

〇〇の様子

インターネット接続不要

シグネチャが必要ないのでオフライン環境でも検知力は変わりません。

※Cloud版の場合、クラウド管理サーバーとの接続の為にインターネット接続が必須となります。

 

〇〇の様子

定期スキャン不要!軽い!

毎日定期スキャンする必要がないのでパソコンへの負担が少なく快適に操作。

〇〇の様子

純国産セキュリティ製品

純国産の技術で開発した製品で官公庁や金融機関での採用実績多数。


検知実績



FFRI yaraiには豊富な防御実績があります。
話題になった「あの」マルウェアも被害発生以前にリリースされたバージョンで検知、防御しました。


発生報道時期 防御エンジンリリース時期 マルウェアの種類 未知脅威および標的型攻撃 FFRI yarai検知
&
防御エンジン
2019年1月 2018年3月 ランサムウェア 「Anatova」 HIPSエンジン
2018年8月 2018年3月 情報窃取マルウェア 「Emotet」 Sandboxエンジン
2019年4月 2017年6月 ランサムウェア 「GandCrab」 HIPSエンジン
2019年3月 2017年6月 バンキングマルウェア 「Panda Banker」 HIPSエンジン
2017年8月 2016年10月 標的型攻撃 国内防衛産業を標的としたマルウェア Static分析エンジン
2017年5月 2016年10月 ランサムウェア 「WannaCry」 Static分析エンジン
2017年1月 2016年9月 IoTマルウェア 「Mirai」  Static分析エンジン

取扱製品

  FFRI yarai FFRI yarai Cloud版
最低ライセンス期間 1年間 1ヶ月間
コンソールの構築 無くても動作可能。
※統合管理する場合は、別途構築が必要。
必要
クライアントのインターネット接続 不要 必要
クライアント保護機能 同等

仕様

対応OS Windows 7(32/64ビット)
Windows 8.1(32/64ビット)
Windows 10(32/64ビット)
Windows Server 2012 / 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
CPU Intel / AMD製 CPU 1GHz以上 (デュアルコア必須)  
メモリ  2GB以上
HDD  1GB以上の空き容量

   ※FFRI yaraiとFFRI yarai Cloud版で動作要件は変わりません
お問い合わせ

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせ・資料請求はこちらから。

総合お問い合わせ