マルウェアランキング

’21/12 最多検出マルウェア – 活動再開した「Emotet」が、2位に急上昇

Check Point社が2021年12月のマルウェアランキングを発表しました。

12月 マルウェアトップ10

順位 前月比 マルウェア 解説
1 Trickbot バンキング型トロイの木馬。多目的トロイの木馬の一種で、多様な攻撃を可能とする。
2

Emotet トロイの木馬。情報窃取の他、マルウェアの追加ダウンロードなどを行う。
3

Formbook 情報窃取マルウェア。ウェブブラウザなどから情報を窃取する。
4 Agent Tesla 遠隔操作マルウェア。モニターを遠隔で監視し、パスワードなどを窃取する。
5

Glupteba トロイの木馬。情報窃取の他、感染マシンで仮想通貨のマイニングを行う。
6

Remcos バンキング型トロイの木馬。多目的トロイの木馬の一種で、多様な攻撃を可能とする。
7

XMRig クリプトマイナー。オープンソースのソフトウェアで、CPUを利用してマイニングを行う。
8 Ramnit トロイの木馬。銀行口座の認証情報やFTPパスワードなどの情報を窃取する。
9

Dridex バンキング型トロイの木馬。オンラインバンキングなどの認証情報を窃取する。
10

Phorpiex ボットネット。スパムメール経由で他のマルウェアを拡散する。

トロイの木馬「Emotet」、2位に急上昇

2021年11月に活動の再開が確認され、マルウェアランキングの7位に位置した「Emotet」。
この Emotet が、わずか1ヵ月程で検出マルウェアランキングの2位まで急上昇しました。
検出マルウェア数1位の Trickbot のインフラを利用し、この短期間で大幅に感染を拡大したのです。
Emotet とその感染拡大に利用されている Trickbot には、引き続き警戒が必要です。

Emotetの感染経路としては、以下の3つのパターンが確認されています。(2022年1月時点)

  1. メールに添付された不正なマクロを含むMicrosoft ファイルを実行することによって感染
  2. トロイの木馬「Trickbot」によって二次ダウンロードされることで感染
  3. メールに記載されたURLリンクにアクセスし、Adobe PDFファイルのダウンロードを装ったWebサイトからEmotetをダウンロードしてしまうことで感染

3番目については Emotet の活動再開後に確認された新しい事例となりますが、基本的な感染対策は、2021年1月のテイクダウン前のEmotetと同様です。 不審なメールを受信した場合、安易に添付ファイルを開いたり、URLリンクにアクセスしたりしないことが重要です。また、 Microsoft のファイルを開いてしまった場合でも、マクロを有効化しないよう注意してください。

宝情報では、Emotet 対策に有効なセキュリティ製品を取り扱っています。

また、Emotetは感染の手口も巧妙で多岐に及ぶため、UTMだけでは防ぎきれないケースもあります。
例えば、パスワード保護が掛かったファイルはUTMで検査できないため、受信時の検査をすり抜けてしまいます。
このようなケースはUTMのみでは防ぎきることができませんが、エンドポイントセキュリティを併用することで、多層防御による対策が可能になります。
エンドポイントセキュリティ製品についてはこちら

参照元
December 2021’s Most Wanted Malware: Trickbot, Emotet and the Log4j plague


詳細は、株式会社宝情報までお気軽にお問い合せください。

関連記事

製品の取り扱い・導入についてはお気軽にお問い合わせください

TOP