StoneBeat Security

サイバー演習

実践的な演習を通じて本質的な対策を学ぶ

サイバー攻撃やセキュリティ脅威に関する情報や知識を得るだけでは、情報セキュリティ対 策としては不十分です。 実際の脅威により発生するリスクを検討する上では、身を持った体験が重要となります。実際に発生しているサイバー攻撃やセキュリティ脅威について、実践的な演習を通して、本質的に必要となる情報セキュリティ対策を学習します。

受講対象者
  • 新社会人
  • 管理形部署の社員、従業員、利用者
  • 情報セキュリティの基礎を学びたい方
前提知識 特になし ※ITに関する知識がない方でも、情報セキュリティの基礎から学ぶことができます。

研修のゴール

サイバー攻撃やセキュリティ脅威を体験し、 脅威やリスクを説明できる。

セキュリティ脅威に対する、本質的な対策を検討できる。

セキュリティ対策の重要性を理解し、組織におけるセキュリティ対策を推進できる。

内容

実施アジェンダ

  1. はじめに
  2. はじめに 演習環境について
  3. セキュリティ関連の法規
  4. ネットに晒された IoT デバイス
  5. 通信盗聴による脅威と対策
  6. 無線 LAN に対する脅威と対策
  7. 巧妙化するマルウェアと対策
  8. フィッシングサイトと対策
  9. リスク管理とセキュリティ対策

体験学習 実施例

  • 通信盗聴による情報漏洩
  • 脆弱な無線LANのパスワード解析
  • インターネットに晒されるIoTデバイス
  • マルウェア感染による感染、遠隔操作
  • 標的型メール攻撃、検知回避の実態
  • フィッシングサイトによる情報搾取
  • 脆弱性を悪用したシステムへの不法侵入
TOP