Check Point

Check Point Harmony SASE -Internet Access-

新時代のSASEソリューション

Check Point Harmony SASE(チェック・ポイント・ハーモニー・サシー)は、Check Point UTM の強力な多層防御をクラウドで利用できるサービスです。

高度な脅威保護でゼロデイのマルウェアやフィッシングからユーザーを保護します。 ウェブフィルタリングでインターネットアクセスの制御も可能です。

高速なインターネット
セキュリティ

高速なインターネット

バックホールによる遅延の増加を排除するハイブリッド、オンデバイス、クラウドのアプローチにより、競合製品よりも2倍高速。スピードとセキュリティの両立を実現。

ハイブリッドワーク
に最適

ハイブリッドワーク

Harmony SASE は場所を選びません。アプリがインストールされた端末であれば、どこからでもクラウドセキュリティを確保することが可能です。

最小10ユーザーから
利用可能

最小10ユーザーから

Harmony SASE は10名からご利用いただけます。ご利用料金は1年単位でお支払いただくため、一度に高額な機器を購入いただく必要がありません。

包括的なハイブリッド インターネット保護

Webフィルタリング

特定の Web サイトまたは Web サイト カテゴリへのアクセスを制限します。

DNSセキュリティ

企業ネットワークに接続している間、すべてのユーザーを確実に保護するためのグローバルなクラウドベースの制限を実現。

マルウェアからの保護

ランサムウェア、ゼロデイ攻撃、高度な持続的脅威 (APT)、ウイルスなどを含む Web ベースの脅威に対する包括的かつ最先端の防御を実施。

Harmony SASE インターネットアクセスの概要図

Harmony SASE Internet Access のメリット

費用

Harmony SASE は10名からご利用いただけます。※
ご利用料金は1年単位でお支払いいただくため、1度に高額な機器を購入いただく必要がありません。 Harmony SASE はルータやUTMのように「何ユーザーまで使えるだろうか?」といった心配は不要です。利用者が増えた場合でも必要なユーザー数分のライセンスを追加するだけでご利用いただけます。 また拠点が多くても拠点ごとに機器を設置する必要はありません。必要なユーザー数 / デバイス数の Harmony SASE をご利用いただくだけなので、拠点の多さがコストへ影響することはありません。

※ご利用のプランにより最低ユーザー数は異なります。詳細は弊社営業にご確認ください。

ロケーションフリー

Harmony SASE は場所を選びません。 アプリがインストールされた端末であれば、どこからでもクラウドセキュリティを確保することが可能です。そのため、harmony SASE はテレワーク環境にも最適です。 Harmony SASE がインターネットと通信に対し、定められたセキュリティポリシーを適用します。

SSLインスペクション

Harmony SASE はSSLで暗号化された通信もクラウドで復号化して検査することができます。 SSL で暗号化されたデータの復号化には大きな負荷が発生するため、UTMなどのアプライアンスでは処理性能の上限を超えると速度の低下などが起こります。 Harmony SASE はクラウドで処理を行うため、機器のスペックを気にすることなくSSL通信の検査を行います。

管理・運用・サポート

基本的な管理・運用は宝情報へお任せください。 豊富なUTMの管理・運用の実績を持つ宝情報が、安心してご利用いただける環境をご支援しますので、UTMの運用経験や専門的な知識は必要ございません。技術的な質問やトラブルには宝情報サポートセンターが対応いたしますので、何かあった際もお気軽にご相談いただけけます。

豊富なOSに対応

Mac・Windows・Linux・iOS・Android等豊富なOSに対応。同一のソリューションを多岐にわたるOSに展開できます。

Windows Windows 10 or later
Mac macOS 11 or later
Ubuntu Ubuntu 20.04 or later
Red Hat RedHat 7 or later
Fedora Fedora 30 or later
Linux – Other Linux 7.0 or later
Android / Chromebook Android 8.1.0 or later
iOS iOS 15 or later

製品の取り扱い・導入についてはお気軽にお問い合わせください

TOP